1-洗剤の使用濃度(洗剤の量)
2-洗浄液の温度
3-洗浄液量
4-洗浄時間
5- 酸性も3日に1回必ず使用
■バイオエースSK ●殺菌剤(細菌の殺菌に)
使用基準 濃度 200ppm(300倍)
温度 常温(水道水)
●使用時は必ず保護メガネ及びゴム手袋を着用して下さい。
●水(常温)10Lに殺菌剤33ccを溶解(300倍)して使用(200ppm)
■バイオエースAL ●塩素系アルカリ洗剤
(乳脂肪・蛋白除去に)
使用基準 濃度 0.3〜0.5%
温度 60〜70℃
●使用時は必ず保護メガネ及びゴム手袋を着用して下さい。
●頑固な乳膜の場合 1-使用量  10Lに100cc(1%)
  2-温 度  70〜80℃
 

3-洗浄時間 15〜30分

■バイオエースSN ●酸性洗剤(頑固な乳石除去に)
使用基準 濃度 0.3〜0.5%
温度 60〜70℃
●パーラー用アルカリ洗剤の使用条件も上記と同様です。
●酸性リンス剤の使用も上記と同様です。
●洗浄終了時に温度が40℃以下にならないよう注意すること。
  ※トリプル洗浄(米国3A規格洗浄)機械(特に)パーラー方式には
パーラー用アルカリ洗剤と酸性リンス剤をご使用ください。
   
 
   
 
 ■洗剤・殺菌剤使用上の注意
●幼児の手の届かない所に置いて下さい。
●直射日光を避け、密栓し冷暗所に保管して下さい。
●使用時は、必ず保護メガネ、及び炊事用ゴム手袋を着用して下さい。
●換気は必ずして下さい。
●アルミニウム・銅・真鍮・鉄及びメラニン製の機器には、使用しないで下さい。
●キャップを、開ける時、液が飛び出すことがあります。
 また、容器を移動する時は、キャップをしっかりと閉めて下さい。
 また、容器に圧力をかけたりしないで下さい。
●液が皮膚についたときは、直ちに大量の水で10〜15分ほど洗い流して下さい。
 服や靴についた時は、速やかに脱いで下さい。
●目に入ったときは、ただちに流水で10〜15分洗い流して下さい。
●万一、有毒なガス等を吸い込んだ時は、直ちに患者を
 風通しの良い場所に避難させて下さい。
●万一飲み込んだ時は、直ちに大量の水、牛乳や生卵を飲ませて下さい。
上記のいずれの場合もすぐに処置した上で、医師の診断を受けて下さい。
   
 
   
■洗剤・殺菌剤使用濃度早見表   ●水質により洗剤の使用量が変わりますので相談して下さい。  
  洗   剤 殺菌剤 6%
液量\濃度 0.3% 0.4% 0.5% 0.7% 1% 100ppm 200ppm
10L 30cc 40cc 50cc 70cc 100cc 17cc 33cc
20L 60cc 80cc 100cc 140cc 200cc 33cc 67cc
30L 90cc 120cc 150cc 210cc 300cc 50cc 100cc
40L 120cc 160cc 200cc 280cc 400cc 67cc 133cc
50L 150cc 200cc 250cc 350cc 500cc 83cc 167cc
60L 180cc 240cc 300cc 420cc 600cc 100cc 200cc
70L 210cc 280cc 350cc 490cc 700cc 117cc 233cc
80L 240cc 320cc 400cc 560cc 800cc 133cc 267cc
100L 300cc 400cc 500cc 700cc 1,000cc 167cc 333cc
 
Copyright (c)2004 WAKO BIO-CHEMICAL CO.,LTD All Rights Reserved.